ホーム » AGA対策 » パーマをかけすぎると薄毛になりますか?治る薄毛対策

パーマをかけすぎると薄毛になりますか?治る薄毛対策

薄毛が進行し始めてくると
結局何が悪くてこうなってるのだろう??
ここって気になりませんか?


遺伝だからしかたがないと諦められる人ならいいのですが
人間、みんなそんなに簡単に諦めきれるような
浅い悩みではありませんよね。


パーマのかけ過ぎで薄毛は進行するのでしょうか?


答えは、可能性は低いですがありえます。


パーマをかけすぎると
頭皮に炎症が起きる場合があります。
症状もいろいろあって
かゆみ・赤み・痛みなどなど


パーマをしていて、このような症状が併発している場合には
注意が必要です。
ただ、炎症が起きてるのに放置する人って極わずかだと思います。


炎症を放置していると
そのまま、髪の毛も生えてこられなくなるくらい
頭皮環境が悪くなり薄毛が進行する可能性はあります。


ですが、可能性的には低いですよね。
頭皮に違和感が出てくると、パーマすることを控えたり
炎症を起こしたりすると病院にかかって治療したりするものですから


パーマをかけて、何も他に症状がないのに
薄毛が進行してきたという場合には
男性ホルモンの影響である場合が多いです。


男性型脱毛症と言われるAGAの事になります。
これは、薄毛の進行を手助けする男性ホルモンを抑制すること
後は、毛根を昔のように元気にしてあげることができれば
回復しやすくなっています。


男性ホルモンを抑制するには
亜鉛などの栄養素を、毎日欠かさず摂取するように心がけ
毛根を元気にするには
育毛剤などで、直接働きかける必要があります。


こういった対策を毎日コツコツ積み重ねることで
薄毛の悩みも忘れてしまうことが出来るかもしれません。

Return to page top