ホーム » 早めの対策 » おでこが広くなった|早めの育毛対策で進行を止めるには

おでこが広くなった|早めの育毛対策で進行を止めるには

おでこが、少しずつ広くなった場合
よく言われるのが、AGAの影響です。


AGAは、男性ホルモンDHT(ジヒドロテストステロン)の影響により
髪の毛が成長してしまうまでに抜けてしまうことから
薄毛が進行し、結果おでこが広くなります。


何となく、おでこが広くなったという場合には
生え際を確認して
産毛のような髪の毛が増えていたり
側頭部や後頭部の髪よりも明らかに細い髪があるという場合には要注意です。


早めに対策した方が良いのですが
初めは、何を意識して対策すればいいのかすらわかりませんよね。


多いのは、シャンプーやトリートメントを
ノンシリコンのものにしたり
育毛シャンプーと言われるものを購入して様子を見る人が多いようです。


ただし、それらのシャンプーを使って対策したとしても
なかなか成果が見えてこないもの


シャンプーには、AGAに効果的な成分が入っている場合がほとんどありません。
汚れを落とすことを目的に開発されたものなので
考えてみれば当然だと思います。


育毛シャンプーなどの商品は
薄毛の根本から解決する商品ではなく
頭皮環境を良くするためのもので
育毛剤の浸透を良くするために使います。


AGAは、DHTの影響が大きいので
まずは、男性ホルモン対策
そして、年齢とともに衰えてくる毛根の活性化


ここに絞って対策することで広くなったおでこも
少しずつ回復する可能性が出てきます。


そして、もう一つポイントなのですが
男性ホルモン対策と年齢とともに衰えてくる毛根の活性化
どちらか片方だけ対策した場合にも
回復する可能性が低くなります。


早めの育毛対策と考えているなら
最初から全力で、どちらとも意識しながら対策していくことで
なかなか回復しないおでこの広がりにも効果的となります。

Return to page top