ホーム » 若ハゲ » 若ハゲがつらい|たくさん紹介されてる育毛対策で結局どれがいいの?

若ハゲがつらい|たくさん紹介されてる育毛対策で結局どれがいいの?

単に若ハゲと言っても人によって
薄くなってくる部位が違っていたり
少なくなるスピードが違っていたりと
個人差があるものです。


男性の場合には、殆どの場合が若ハゲであったとしても
AGAだと言われることが多いですね。


その他には、脂漏性皮膚炎であったり円形脱毛症であったりと
薄毛になる可能性がある病気というものはありますが
多くの若ハゲは、AGAだということは間違いありません。


たくさんの情報が錯綜する中で
結局どうすれば良いのかわからないという人も多いことでしょう。


これは、原因を考えれば
どうすれば良いのかわかると思います。


AGAの原因は、薄毛ホルモンと言われるジヒドロテストステロンの影響が強いと言われています。
ということは、このジヒドロテストステロンを押さえる対策をすること
そして、早い人だと18歳くらいから髪の毛に元気がなくなったと思う人がいますが
髪の毛を元気にするために、栄養を届けてあげることです。


シャンプーに気をつけて、頭皮マッサージをしても回復しないという人は
ジヒドロテストステロンの対策ができていないために回復しませんし
ジヒドロテストステロンの対策をしているのに回復しないという人は
頭の毛乳頭細胞を活発にしてあげる対策が必要となります。


もちろん、どちらかだけの対策だけで回復したという人もいますが
回復しないという人の多くは、片方しか意識して対策していないことが多いようです。


遺伝だから諦めるしかないのかと考えがちですが
遺伝もホルモンの影響や毛乳頭細胞の年齢による衰え
ここが親や祖父母と煮るところからという解釈が多いようです。


ですからどちらも、対策しておく必要があります。


育毛剤でも、どちらも意識して開発されているものもありますし
最近は、サプリメントも一緒にプレゼントしてくれる育毛剤もあります。
こういった育毛剤を使って経済的に育毛対策に取り組みたいところですね。

Return to page top