ホーム

育毛剤は使ったほうがいいのか?薄毛が気になる男性へ

薄毛が気になり始めると私もそうなのですが
まず、お金のかからない生活の見直しから始めます。


仕事の関係や、その他もろもろの影響により
生活を変えるのって、なかなか難しいですよね。
できるだけ正しいと言われる生活にリズムを変えていくのですが
なかなか、頭の方は回復してくれませんでした。


だから、洗髪の方法を工夫してみて
それがダメだからシャンプー剤をノンシリコンや自然派のものに変えてみるわけですが
やっぱりダメでした。


ここで登場するのが育毛剤


初めは、使った方がいいの?なんて思っていたりするのですが
最初から全力で育毛するためには
必要不可欠な存在です。


髪の毛が生えてくるのには
毛根部にある毛母細胞が元気でなくてはいけません。
そのために栄養を届けるためのものが育毛剤です。


生活習慣の見直しや洗髪方法の見直し
更には、シャンプー剤を見直ししても
毛根部を元気にしてあげることは出来ません。


ただ、育毛剤だけでもなかなか成功しない場合が多いです。
それでは、育毛剤 + 何をすれば良いのか?


まず、男性型の脱毛症の場合には
男性ホルモンが、脱毛指令が毛母細胞へと届けられることによって
成長しきれないままに、髪の毛が抜けることで
薄毛が進行します。


ですから、男性ホルモン対策として
亜鉛などの男性ホルモンを抑制する栄養素も
積極的に摂取する必要があります。


この2つのことを考えて
全力で育毛対策に取り組むことで
かなり育毛対策の結果は変わってきます。

育毛剤は強力な方がいい!効果的な育毛対策について

育毛剤を使うなら、できるだけ強力なほうが良い!!


このような思いから、いきなり強力な育毛剤を使って
副作用によって、逆に毛根が死んでしまって
生えてこない毛穴になってしまう場合もあります。


まずは、あまり強力なものに拘らずに
効かなければ、より強い育毛剤にと
徐々にステップアップしていくと良いと思います。


少し工夫をしたり、知識をつけておくだけで
育毛剤の効果は、飛躍的にアップします。
効果的な育毛対策を知って、徐々に回復させるようにして下さい。


髪の毛の生え方には、ヘアサイクルというものがあります。
大きく分けると3つで
成長期・退行期・休止期に分けられます。


成長期が2~6年
退行期が2~3週間
休止期が3~4ヶ月


このように髪の毛は成長して
成長が止まって、抜けるという過程を踏んでいます。


AGAの場合には、男性ホルモンの影響によって
成長期が短くなってしまい
成長しきれないままに、退行期・休止期と進んでしまうため
薄くなってきます。


育毛剤の話に戻りますが
塗布するタイプの育毛剤の場合には
成長期の成長する力をアップさせてあげる働きがあるものが多いです。


ただ、それだけでは完全に回復させることは出来ません。
男性ホルモンによって退行期に早く移ってしまうためなのですが
その男性ホルモンを抑制するために
亜鉛などのサプリメントで内側からの育毛対策が必要になります。


どんなに強力な育毛剤を使っても
内側の対策をしなければ、
ホルモンの影響により回復する可能性は非常に低くなります。


内側と外側 両方からの育毛対策を心がけて下さい。

Return to page top