ホーム

育毛剤はリスクが高いの?副作用の少ない育毛対策について

育毛剤は、リスクが高いと言われることが多いですね。


育毛剤のリスクとは、いったいどんなものがあるのでしょう?
という前に一つ知っておいてほしいことがありますが
リスクが高いという育毛剤は、ほとんどの場合ミノキシジル製品を指します。


ミノキシジル製品を国内で購入しようとすると
薬剤師の説明や注意点を聞いてからということになっています。
それだけ強いお薬なのでリスクが高いと言われています。


それでは、症状ですが
頭皮のかぶれや炎症・胸痛などを初めとする心臓への負担や頭痛・めまいなど多岐にわたります。


重篤なものは、やはり心臓への負担ですね。
軽視しがちですが、体重の増減もしっかりと把握しておいたほうがいいと言われます。
心臓の働きが落ちることで、むくみが出てきて
体重が増えてしまうということもあるそうです。


そして、最も軽い育毛剤のリスクは
頭皮の炎症やかぶれ
もちろん、炎症やかぶれがあるなら使用を中止するべきですが
軽い気持ちで使い続けて、髪の毛の生えてこられない頭皮になるまで
使い続けている人もいるので、もしも頭皮に違和感があるなら
しばらく使用を中止する必要があります。


ミノキシジルで多いと言われますが
炎症やかぶれは、肌に合わない場合に出てくる症状ですので
大小ありますが、可能性で言えばどれもあるのかもしれません。


もしも、副作用を少なく育毛剤を使いたいと考えているのなら
まずは、ミノキシジル製品以外のもので様子を見てみるのもありです。
例えば、男性ホルモン対策に対してはサプリメントで対抗し
毛根部を活気づけるために育毛剤という考え方で
対策することで、育毛の成功確率は上がります。


最近口コミで人気の商品の中には
育毛剤を購入することで
サプリメントも一緒に付いてくるというありがたいものもあります。


そいういった育毛剤で、対策してみると
副作用も少なく、育毛に取り組むことが可能になります。

プロペシアと育毛剤を併用した方がいい?しつこい薄毛を効果的に改善

病院から処方されているプロペシアを飲んで薄毛は改善されましたか?
改善傾向ではなく、完全に気にならなくなったと答える人は
かなり少ないようです。


改善傾向という人は、結構数いるのですが
気にならないまでにってなると、なかなか難しいようです。
ですから、更に良くなるポイントや選ぶ育毛剤についてまとめておこうと思います。


プロペシアは、男性ホルモンであるDHT(ジヒドロテストステロン)を抑制するお薬です。
男性型脱毛症である場合には、特にこのDHTが薄毛の原因になっていると
考えられているので、このお薬が効果的というわけです。


ただ、プロペシアだけでは効かないという場合には
その他にも原因があるのかもしれないと思います。


それは、プロペシアだけでは改善しなかったのに
育毛剤と併用することで改善したという人がいるからです。


年齢を重ねるごとにどうしても
体の機能は、衰えてきます。
もちろん、毛根も同じで髪の毛を生成するのも衰えてくるのでしょうね。


だから、育毛剤を使うと改善したという人がいるのです。
多くの育毛剤は、髪の毛を生成している毛母細胞を活性化させる目的のものが多いです。
発毛力を上げてあげることで改善するということですね。


プロペシアだけで治らないという人や育毛剤だけで治らないという人がいる中で
両方使っている人が、改善する確率が高くなるのは
DHTだけでなく、老化した毛根を若く保とうとしているからです。


プロペシアと併用する育毛剤についてですが
育毛剤の多くは、血行促進というところに注目して開発されている場合が多いのですが
やはり、DHTの対策もされているものを選ぶと良いと思います。


DHTは前頭部から頭頂部にかけて多くなると言われているため
育毛剤を塗布して、頭皮に浸透させることで
少しでもDHT対策もしたいからです。


他にも内部からプロペシアのように
亜鉛などのDHTに対して効果のあると言われる成分のサプリメントを
積極的に取ることで、さらに改善の期待値が上がります。

Return to page top