ホーム

髪の毛が生える方法|できるだけ病院に頼らずに成果を出すには

薄毛が進行し始めると気になるのが
人の視線ですね。


友達や恋人を始め
普通に歩いている周りの人の視線も気になるものです。


早く対策したいのに
髪の毛が生える方法がわからないと
対策が遅れがちになっていませんか?


実は、そんなふうに遅れがちになることで
髪の毛が生える確率が少しずつ少なくなります。
できるだけ早い対策が必要なのはこのためです。


今の男性成人の薄毛のほとんどは
男性ホルモンが影響していると言われています。
薄毛ホルモンと言われるDHTですね。


このDHTが、薄毛の原因というわけで
できるだけDHTの発生を抑制する対策が必要になります。
ただ、これだけでは効果が無いという人も多いです。


その理由は、髪の毛を作る毛根の老化によるところがあります。
髪の毛が細くなってきたとか
何だか、ハリがなくなったとかコシがなくなったという原因は個々にあるとも言われています。


つまり、片方だけの対策にかたよることなく
両方をしっかりと対策出来たら・・・
結果は、良い方向に進んでいく可能性が、とても高くなります。


ただ、最初はこれをやっていようという感じで
2つの対策を同時に始める人は殆ど皆無です。


髪の毛が生える方法は、ココがポイントなんですね。


病院に行かずに、できるだけ改善させたいという場合には
特に、ここに気をつけて対策してみてください。


男性ホルモン対策では
食生活に亜鉛・大豆イソフラボン・ノコギリヤシ
などなどの成分を、毎日摂取すること


そして、毛根を元気にしてあげるには
育毛剤などで頭皮周辺の血行促進を促すことで
血液から栄養が毛根にも運ばれ元気を取り戻します。


後は、根気良くこれを続けていくことが大切です。
もちろん、この考え方で対策を進めても
1ヶ月や2ヶ月では成果が見えない人がほとんど


少しずつ成果が見え始めたという人は
3ヶ月や半年くらい続けている人がほとんどです。

育毛剤で抜け毛が少なくなるの?この対策で育毛は万全

育毛剤を使うことで抜け毛は少なくなるのでしょうか?


答えはYESです。
ただし、闇雲に対策をすると
全く効果が出ない場合もあるので
しっかりとした知識を持って育毛に取り組む必要があります。


抜け毛が増えてくるのには理由があります。
成人すると増えてくる男性ホルモンDHT
このDHTは、別名脱毛ホルモンとも呼ばれ
成長途中の髪の毛でも抜けてしまいます。


そして、もう一つが
毛根の老化によるもの


この2つが、抜け毛が増える原因なのですが
育毛に失敗する人や
抜け毛が増えて育毛に取り組み始めたばかりの人は
どちらか一方を試してみるという人が非常に多いです。


とにかく男性ホルモンだけ抑制しようという場合は
毛根の老化現象は対策されていませんし
毛根の老化現象対策とをしているのに
男性ホルモン対策は疎かに
このような場合には、少し回復しているようなということはありますが
やっててよかったと思うようなところまで回復させるのは
なかなか難しいものです。


男性ホルモンを意識した対策なら
生活習慣の改善が必須
特に食生活が重要で
大豆イソフラボンや亜鉛といった成分で
DHTを抑制できると言われています。


毛根を活性化させるには、育毛剤
血行促進の作用により
栄養分を毛根にもしっかりと送ることで
毛根が老化していても、活性化させることが出来ます。


男性ホルモンの対策を頑張りながら
毛根も活性化させること
この2つのことを同時に行うことで抜け毛も少なくなります。


ただし、両方を意識して対策したとしても
長期的な目線で対策をしていく必要があります。
育毛対策を始めたので一瞬で抜け毛がなくなるということはありません。


早い人なら一ヶ月程度で目に見てわかると思いますが
通常なら三ヶ月か半年
長い人なら一年ほどしないと効果は見えてきません。


こういうこともあり、抜けがが気になり始めたら
できるだけ早く対策する必要があります。

Return to page top