ホーム

おでこが広くなった|早めの育毛対策で進行を止めるには

おでこが、少しずつ広くなった場合
よく言われるのが、AGAの影響です。


AGAは、男性ホルモンDHT(ジヒドロテストステロン)の影響により
髪の毛が成長してしまうまでに抜けてしまうことから
薄毛が進行し、結果おでこが広くなります。


何となく、おでこが広くなったという場合には
生え際を確認して
産毛のような髪の毛が増えていたり
側頭部や後頭部の髪よりも明らかに細い髪があるという場合には要注意です。


早めに対策した方が良いのですが
初めは、何を意識して対策すればいいのかすらわかりませんよね。


多いのは、シャンプーやトリートメントを
ノンシリコンのものにしたり
育毛シャンプーと言われるものを購入して様子を見る人が多いようです。


ただし、それらのシャンプーを使って対策したとしても
なかなか成果が見えてこないもの


シャンプーには、AGAに効果的な成分が入っている場合がほとんどありません。
汚れを落とすことを目的に開発されたものなので
考えてみれば当然だと思います。


育毛シャンプーなどの商品は
薄毛の根本から解決する商品ではなく
頭皮環境を良くするためのもので
育毛剤の浸透を良くするために使います。


AGAは、DHTの影響が大きいので
まずは、男性ホルモン対策
そして、年齢とともに衰えてくる毛根の活性化


ここに絞って対策することで広くなったおでこも
少しずつ回復する可能性が出てきます。


そして、もう一つポイントなのですが
男性ホルモン対策と年齢とともに衰えてくる毛根の活性化
どちらか片方だけ対策した場合にも
回復する可能性が低くなります。


早めの育毛対策と考えているなら
最初から全力で、どちらとも意識しながら対策していくことで
なかなか回復しないおでこの広がりにも効果的となります。

若はげに効く育毛剤のポイント|早めの対策で回復する可能性UP

周りは、全く薄毛なんていない!
こういう年代でも、若はげとして薄毛が進行する場合があります。
具体的に年齢で言えば
私の知る限り18歳くらいからという人もいます。


思春期真っ盛りという年代で
どうにかして止めようと試行錯誤するものの
なかなか思うようにいかないことが多いようです。


この時期は、生活習慣がガラリと変わる場合が多く
生活習慣が問題なのでは?
このように思う場合が多いのですが
必ずしもそうだとは限りませんし、そうである場合のほうが少数派です。


若はげと言えども、原因はAGAの場合が多いということですね。
AGAは、男性ホルモンであるDHT(ジヒドロテストステロン)が
脱毛指令を毛根部に発することで、成長しきっていない髪の毛も抜け落ちてしまいます。


あとは、徐々に体が老化していく年齢となってくるため
以前ほど髪の毛にハリやコシがなくなってしまうというのは
毛根部の老化もあります。


●DHT
●毛根の老化
この2つをどのように対策していくかが若はげを克服するために必要なことです。


若はげに効く育毛剤をという視点で考えてみると
育毛剤の殆どは、血行促進作用
つまり、頭皮周辺の血液の量を増やして
毛根部に栄養を沢山届けることで毛根の老化を防ぐ
ここを焦点にして開発されているものが多いように思います。


中には、DHTを考慮して
DHTを抑制する成分が入っている育毛剤もあります。
但し、毛根からの吸収でどの程度の効果があるのかについては
正直、未知数だと考えます。


DHTの抑制を考えるには
まず、食事による物が一番効果的でしょう。


摂取するべき栄養素は
亜鉛・大豆イソフラボン・ノコギリヤシ
育毛には良いと有名な成分ばかりなので
聞いたことがあるかもしれませんが、これらを毎日
どのように摂取できるかが鍵となります。


最近では、すべてが揃った育毛剤も開発されているので
こういうものを使うと良いと思います。

Return to page top