ホーム

薄毛の対策は早めが良い|育毛対策に必要な2つのこと

薄毛の対策は早めがいいと言われまが
実際には、どのようなタイミングで対策していくといいのでしょう?


人には、薄毛を意識し始めるタイミングがあります。
枕に髪の毛が沢山落ち始めたタイミング
シャンプーをする時に髪が手に絡む量が増えてきたタイミング
濡れ髪の時に鏡を見て地肌が気になり始めたタイミング
などなど


そんな時に、将来的に薄毛になりたくないと思いながら
放置しすぎて、進行して改善しないという人も多くいます。
ですから、薄毛を意識し始めたタイミングが
育毛対策を始めるタイミングです。


今現段階で、100%薄毛が改善するというお薬や
薄毛対策というのは、私も聞いたことがありません。
しかし、薄毛の進行を遅らせることくらいなら
少しの対策で可能になります。



早めの育毛対策に必要な2つのこと


ここでは、男性型脱毛症であるAGAですね。
AGAの場合ということで紹介したいと思います。
まれに違う場合がありますが、男性の場合には
薄毛が進行する原因は、AGAである場合がほとんどです。


AGAは、男性ホルモンによる影響で薄毛が進行すると言われています。
病院で行われる治療も、男性ホルモンを抑制するお薬を使いますし
現在の治療としては、最後の砦となるお薬だと思います。


ただ、まだ気になり始めたくらいの場合には
食事を改善するだけで効果を感じられるはずです。


男性ホルモンDHTを抑制する栄養素
亜鉛・大豆イソフラボン
これらを出来る限り、毎日摂取できる環境を
整えることで、少しでも薄毛の進行を防ぐことが出来ます。



あとは、年齢による毛根の衰え
毛根に元気を与えるために、血行を促進することで
毛根周辺の血液から毛根へ栄養が届き活動が盛んになる


ここに焦点を当てて開発されているものが育毛剤となります。
頭皮に直接塗るタイプということで
中には、男性ホルモンを意識した商品もありますが
ポイントは、毛根に栄養を運ぶことを意識しているかということになります。


これら両方を意識できた時に
きっと、育毛の効果を感じることが出来るはずです。


簡単に数日で髪の毛が明らかにはてきましたということはないと思いますが
それでも、少しずつ改善するということならば
この2つのポイントを意識するだけで、ずいぶん違ってくるはずです。

育毛剤は逆にはげるの?薄毛回復の決め手となる2つのポイント

薄毛を意識し始めた時に
なんとか禿げたくないという思いから
育毛対策を始める人が多いですね。


ただ、インターネットで色々と調べてみたり
一冊本を買ったりと情報収集は色々とあるのですが
あまりにもいろんな情報が頭に入ってきて
結局どの対策がいいのかって決め手にかけることが多いですね。


育毛剤を使うと逆にハゲるという噂がりますが
これは、経験則から言わせてもらえれば
半分正しくて半分間違っている情報です。


正しく言い換えれば、育毛剤だけではハゲは進行する
これが正しいと思います。


多くの育毛剤が販売されている中で
そのほとんどの育毛剤が、血行促進に着目して開発されています。
間違っているわけではありません。


血行を促進することで
頭皮近くの毛根部に栄養が運ばれ
元気になれば発毛力は上がるからです。


ただし、これは発毛に効果的でも
脱毛に対しての対策としては不十分になります。
脱毛に対しての対策は、男性ホルモンDHT(ジヒドロテストステロン)に対する対策
これが必要になります。


まずは、食事による対策がおすすめで
亜鉛や大豆イソフラボンが豊富な食材を
できるだけ毎日摂取すること
これが、対策となります。



発毛力だけでもダメですし
脱毛を防ごうとするだけでもダメです。
両方を効果的に対策出来た時に、薄毛の進行が止まります。


今ポイントをしっかりと抑えて
育毛に取り組んでみてください。

Return to page top