ホーム

安い育毛剤でも効果あり!?薄毛を回復させるポイント

安い育毛剤と高い育毛剤について考えてみたいと思います。
安い育毛剤を使って効果がなかった場合
安物を使ってしまったからだと思い
次に高い育毛剤を使おうと思います。


逆に高い育毛剤を使っても効果がなかった場合には
おそらく、他に効果がありそうな成分の入った育毛剤を次に買ったり
育毛剤を諦めてしまうという人もいます。


正直言えば、高いから良い物だということはありませんし
安いものだから悪いということもありません。


目的は、抜け毛を防ぐことであったり
無くなった髪を取り戻すことであったり
つまり、育毛を目的に育毛剤を購入します。


最も多いと言われるAGAのお話になりますが
AGAは、男性ホルモンDHTが毛根で
脱毛指令を出していることで成長しきれないまま髪が抜ける病気です。


育毛剤を使う時に注意したいところは
その育毛剤に男性ホルモンDHTを抑制する成分が入っているかどうかというところ
それプラス毛母細胞を活性化させて
元気な髪になる成分(血行促進成分など)が入っていることですね。


多くの場合、安い育毛剤は血行促進成分や保湿成分で
DHTを意識した成分は入っていません。
ただし、私は知りませんが安くてもDHTを抑制する成分があるものなら
回復させられる可能性はあると思います。


値段が高い安いではなく
成分でどういった作用があって
結局、自分に効果がありそうなのか?
ここに注目して育毛剤選びをしてみてください。


最後に、プラスαとなりますが
更に、育毛効果を高めるためにサプリメントも良いと思います。
外からだけではなく、体の内側からも
育毛対策をするとその効果も高まります。


摂取するべき栄養素は
亜鉛やノコギリヤシ・大豆イソフラボンといった成分
どれもDHTに効果がある成分として
ほかのサイトなどでも紹介されていますね。


育毛剤+内側からの対策を意識して取り組んでみましょう。

パーマをかけすぎると薄毛になりますか?治る薄毛対策

薄毛が進行し始めてくると
結局何が悪くてこうなってるのだろう??
ここって気になりませんか?


遺伝だからしかたがないと諦められる人ならいいのですが
人間、みんなそんなに簡単に諦めきれるような
浅い悩みではありませんよね。


パーマのかけ過ぎで薄毛は進行するのでしょうか?


答えは、可能性は低いですがありえます。


パーマをかけすぎると
頭皮に炎症が起きる場合があります。
症状もいろいろあって
かゆみ・赤み・痛みなどなど


パーマをしていて、このような症状が併発している場合には
注意が必要です。
ただ、炎症が起きてるのに放置する人って極わずかだと思います。


炎症を放置していると
そのまま、髪の毛も生えてこられなくなるくらい
頭皮環境が悪くなり薄毛が進行する可能性はあります。


ですが、可能性的には低いですよね。
頭皮に違和感が出てくると、パーマすることを控えたり
炎症を起こしたりすると病院にかかって治療したりするものですから


パーマをかけて、何も他に症状がないのに
薄毛が進行してきたという場合には
男性ホルモンの影響である場合が多いです。


男性型脱毛症と言われるAGAの事になります。
これは、薄毛の進行を手助けする男性ホルモンを抑制すること
後は、毛根を昔のように元気にしてあげることができれば
回復しやすくなっています。


男性ホルモンを抑制するには
亜鉛などの栄養素を、毎日欠かさず摂取するように心がけ
毛根を元気にするには
育毛剤などで、直接働きかける必要があります。


こういった対策を毎日コツコツ積み重ねることで
薄毛の悩みも忘れてしまうことが出来るかもしれません。

Return to page top